12/15 リーダーの条件・・・常に問題意識を持つ  

2009年12月15日(火) 第981回 金沢市倫理法人会 経営者モーニングセミナーは「リーダーの条件・・・常に問題意識を持つ 」と題して、(株)小野寺工務店 取締役で(社)倫理研究所 参事の 小野寺明美様の講話をいただきました。
f0052933_15344141.jpg

連(むらじ)会長あいさつ 
小さい頃ニュートンの万有引力の法則を習いました、自然界にはいくつかの原理原則があります。
全ての物が目に見えない物で結ばれています。絆で自分の心と相手や物が繋がっています。
これは「万人幸福の栞」の第5条「夫婦は一対の反射鏡」・第6条「子は親の心を実演する名優である」で書かれています。
全てが自分の心が先であり周りを変えたい環境を変えたい時、まずは自分を変える事から始まるのです。
f0052933_15225729.jpg



会員スピーチ:酒井信一(金沢市倫理法人会 事務長)
f0052933_15261019.jpg

先日、酒井さんが仕事で訪問された会社の事を話されました。
その会社はとてもお客様を受け入れる対応が良く気分良く仕事の話しができたそうです。この会社に是非とも「職場の教養」読んで頂きたいと思って差し上げようとしたら、既にその会社で「職場の教養」を活用されていました。
「職場の教養」のすばらしさを痛感いたしました。


小野寺明美様 講話
f0052933_15332749.jpg

まず、今回で5回目の来県である小野寺先生から、「石川県倫理法人会は目標を持ち、多くの経営者が純粋倫理を学んでいるすばらしい県です。」とご褒めをいただきました。
「リーダーの条件とは?」それは、自分も動くし、人もまた動かずにはおれなくする人である。
今回の参加者に「あなたはどんなタイプ?」と訊ねました。
1. シラケ型:自分は一切何もしない。
2. サシズ型:自分はやらなく指図する。
3. ヒトリ型:一人で一生懸命やる。
4. ウルサ型:うるさく懸命にやる。
などのタイプに分かれるとのことです。

そのリーダーのタイプは?明るい人である。明るい人の性格は?
1. 考え方がクリエーションである。
2. 難問に直面した時必ずピンチをチャンスに変える。
3. 周囲の人を巻き込んで目標達成を成し遂げる。
4. 人に好かれる。
5. 精神的のタフな人。
6. 環境の変化に敏感である。
7. 高い対応力を持つ。
8. 組織における自分の立場を十分に理解している。
などがある。また、明るい心を持つと心理的にも精神的にも強い人間になり、正しい方向に回転する気遣いが持てる様になる。根暗な人間はリーダーには適さないです。

本物のリーダーになる為の3段階
1段階は聴く気になって聴く、見る気になって見る、やる気になってやる。
2 段階は心をこめて聞く、心をこめて見る、心をこめてやる。
3 段階は全部周りの物を受け入れる事ができ全てにおいて素直のなる事である。

それでは、リーダーに必要なものは?
それは「情熱」です。情熱のない方はなにをやっても駄目、情熱はリーダーに大切なものである。
最後に「人間は素直を取り戻せば進歩も早いし良い仕事ができます。自然さと素直さが本物のリーダーの条件である。」と言って講話を締めくくられました。
f0052933_15335323.jpg


今日もまた、学びの多いモーニングセミナーでした。
小野寺様、本当にありがとうございました。お世話役一同、心より感謝いたします。
また、これからも元気にご活躍されますようお祈りしています。


本日のモーニングセミナー各進行係
 司会:塚本茂樹 幹事(写真右)
f0052933_15313620.jpg

 朝の挨拶:藤橋真由美 幹事
f0052933_15315935.jpg

 事務連絡:酒井信一 事務長
f0052933_15321926.jpg

 誓いの言葉:半田 卓 幹事
f0052933_15324297.jpg



掲載・文:西川晃次 写真:須藤信行
[PR]

by rinrikana01 | 2009-12-15 22:13 | 行事報告

<< 第982回 経営者モーニングセ...    第981回 経営者モーニングセ... >>