第 1040回 経営者モーニングセミナー 

第1040回経営者モーニングセミナー
3月1日 火曜日 金沢市倫理法人会 経営者モーニングセミナーは「繁げてゆく難しさと楽しさと次世代への夢」と題して、白山市倫理法人会 和田 智子 副会長の講話を頂きました。

司会 : 藤橋 真由美 幹事
f0052933_8224966.jpg

朝の挨拶 : 山崎 聡史 幹事
f0052933_8234724.jpg

会長挨拶 : 連 友也 会長
f0052933_8291317.jpg

 ある金融機関に勤めている妻からの相談話を例に家庭倫理の会で学んだことを紹介されました。
また、新規入会会員の株式会社aiの真田さんが自己紹介をし、始めて参加した印象は、朝早くから多くの方が参加していてパワーを感じる。これからは、皆さんのパワーを貰って頑張っていきます。

会員スピーチ:金沢市倫理法人会  酒井 信一 事務長
f0052933_8244428.jpg

 2月25日~2月27日にかけて参加した、富士高原倫理研修センターの研修の参加報告をしました。全部で約140名の方が参加し、石川県からは12名の参加、当会からは2名が参加しました。
 そこで、印象的な言葉は、「馴れ合いのないやさしさと攻め心のない厳しさ」という言葉が印象に残っています。研修ではチームリーダーをさせて頂きましたが、非常に多くのことを学ぶことができました。「今後、研修で学んだことを生かしてもっともっと自分を高めたい。」と、今後の抱負を語りました。

講話 : テーマ「繁げてゆく難しさと楽しさと次世代への夢」
講師 : 和田屋女将
      白山市倫理法人会
      和田 智子 副会長
f0052933_8263728.jpg

 旅館の跡取りとして生まれ、18歳で京都に修行に行きました。修行先の家庭は芸術家の家庭で、そこで感じたことは、旅館も感性を活かすことができるかも知れないと感じ、今の和田屋があります。
f0052933_8264999.jpg

 その後修行を終え、主人と知り合い結婚したのですが、近年、主人が亡くなってしまいました。主人が亡くなったのは、とても辛くて苦しいことでしたが、父や母、主人の両親の行動からいろいろと学ぶことがありました。
会社では社長の交替という大変な時期で、手続きに終われましたが、多くのお客様に助けられながら進んできました。自分は多くの人に支えられながら生きていると感じました。
f0052933_8265780.jpg

 主人が亡くなったのは12月31日の大晦日で3賀日はツアーのお客がやってきます。一時閉店しようかと思ったのですが、要望により開店しました。まだ、辛い時期でしたが、帰りにお客様が手を握って「がんばって」と励ましてくれた。辛いはずでしたが、逆にお客様から励ましてもらって、自分は何と幸せな環境で仕事をしているのだろうと感じました。
f0052933_827755.jpg

 最近は、長男が跡を継いでくれるといってくれたことと、娘が伝統工芸を学び、仕事の助けになりたいと言ってくれていることが、とても幸せで嬉しい出来事です。

連絡事項 : 酒井 信一 事務長
f0052933_825143.jpg

誓いの言葉 : 高島 尚哉 幹事
f0052933_8252210.jpg


                                    文章 : 山田 礼二
                                    写真 : 塚本 茂樹
[PR]

by rinrikana01 | 2011-03-03 08:30

<< 第 1041回 経営者モーニン...    第 1040回 経営者モーニン... >>