11月4日 第928回モーニングセミナー     

朝方少し降った雨が路面を濡らしてました。
今朝は冷え込みがそれほどでもなく、気持ちよくチャリを漕いで会場へ。
田村隆会長の挨拶:
f0052933_1749981.jpg

加賀市倫理法人会設立式典に2日に出席され、102社で正法人会に昇格したことの報告。
パーティにはたくさんの会員が集まり、大きく燃えさかる炎のように、大きなエネルギーを肌で感じました。

このような不透明な経済状況にあって、経営の不安をぬぐいあえるように、本倫理法人会では「倫理を体感する」ことを今年のスローガンに掲げています。
仲間同士の輪を楽しいものにするために、これから様々な「課外授業」を企画していきます。
第一弾は、「映!倫」(映画から倫理を学ぼう会)
11月9日(日)12:35からシネモンドにて上映される「コドモのコドモ」を鑑賞、その後映画監督やシネモンド支配人とともに感想を述べ合います。ぜひとも参加ください。

新入会員 出村明さんの挨拶:
f0052933_17494043.jpg

経営者本人の教育研修だけでなく、モーニングセミナーを通じて社員と一体感を持てることに共感し、入会しました。

山野之義県相談役の講話者紹介:
f0052933_19338100.jpg

金沢市長山出氏は、先駆的なまちづくりを実践していることで、全国において名声を得ています。その市長が、優秀な副市長をということで招かれた森源二さんは当然優秀な方ですし、人間的に魅力的な方です。

講話「金沢に来て」 金沢市副市長 森源二さま
f0052933_1972846.jpg

愛知県に生まれ、伊丹や鹿児島など住まいが移動した経験から、様々な地域の文化を楽しむようになったため、総務省を選びました。就職活動の時、公務員は給料が民間の半分以下でしたが、多彩な人材がいたことと、先輩が仕事のことを熱く語っていたのに打たれて決めました。
総務省では本省と地方勤務の繰り返しです。東京勤務では家で食事をしたことがないくらい、過酷な労働です。仕事がキツイとこぼすと、先輩が名言をはきました。「面白いことはお金を払って手に入れるもの、仕事はお金をもらっているのだからつまらなくても当然だ」
今年は入省20年目の43歳。「風土」とは、風を通さないと植物の芽が出ない、地方勤務ではその地域に風を通す役割と自覚しています。
霞ヶ関では、地方分権・地方行政制度づくりを筆頭として、構造改革特区や地域の再生などに取り組んできました。構造改革特区では、スパゲッティをフォークではなく箸で食べるのも認めるというようなことですが、手で食べるなどのように、制度自体を崩されるのを警戒していました。
総務省のモットーとして「仕事はつめる・つなぐ・つくす」があります。それに「やってみる」を加えて、常に心がけています。
アメリカへの留学では、自国の文化を自分自身で語れないことを自覚反省した反面、合理的な思考法を体験しました。
金沢へ来て半年、住みよく、食べ物が美味しいことを感じました。市長がタフなので日々勉強しています。金沢を日本一のまちづくりにすべく、市長をサポートしていきます。
f0052933_19161358.jpg

とにかく、誠実さが伝わってくる講話でした。

今週の参加者:47社 58名
たくさんの参加ありがとうございます。

次週のご案内*****
第929回モーニングセミナー
11月11日(火)
講話「人もうけしよう」(社)倫理研究所普及事業部長 井上茂勝さま

みなさまの参加をお待ち申し上げます。

撮影:塚本茂樹 文章:水野雅男
[PR]

by rinrikana01 | 2008-11-04 23:30

<< 11月11日 第929回モーニ...    10月28日 第927回 モー... >>